ゲコタは禁止にならない!?

※1/16に、読者のかたよりご指摘をうけて修正しています

 新年早々、JNCCの2014年の新規則が発表されていますね。特に気になるのは、公認タイヤの件。プロトタイプのタイヤは公認しない、という記述があるためにIRCのix-09wゲコタが使えなくなるのでは無いかという憶測が叫ばれているので、早速JNCC本部に問い合わせてみたところ、これは誤解だとのこと。

 公認タイヤの条件は
 1.安全であること
  1-1.時速80kmほどでも破綻しない
  1-2.パンクしやすくない
 2.誰にでも買えること
 の二つ。

 今までのゲコタ(以降、旧ゲコタ)は、サイドウォールが柔らかいために確かにパンクしやすい側面がありました。へたったムースか、TUBLISS推奨ハードチューブ推奨(注:TUBLISSは推奨していないそうです)だったし、高速では確かに拠れやすかった。また、販売は限定数であって手に入りづらかったのも事実(最初期は、ごく一部のライダーが手にしていた)。
 現在、1月16日までの受注で、旧ゲコタがゲコワン参加者向けにを受けて受注販売されることになっています。誰にでも、今日中に販売店に申し込めば購入可能です。
 http://irctire-mcnews.com/article/84758927.html
 こちらは、あくまでIRCもゲコワン用に生産していてを受けて生産しており、JNCCの公認は得られません使えません(追記:が、もちろん使えないのはJNCCだけでG-NETやCGCなどの他のシリーズ戦やレースにむけて購入しておくチャンスです)。IRC広報部によると、現在はゲコタの改良版(以降、新ゲコタ)をテスト中で、こちらはJNCCの公認タイヤとするべく開発中。おおよそ4月には、広く一般のライダーに手に入るような形で発売されることでしょう。JNCC本部とも、この問題に関しては密に連絡を取り合っている様子です。

Written by ジャンキー稲垣

日本のクロスカントリー、エンデューロを追い続けます!