渡辺学、2014年は290ccで参戦

_NM_3121
 今季こそタイトルに王手をかけるべく、体制を作り上げている渡辺学。本人のブログでも、スポンサーさんからいいお返事をいただいていることなどが、報告されていますね。
 さて、そのブログの中でも最新の記事はというと今季のマシンに関してでした。コアなエンスージアストにはおなじみのエンジン系パーツブランドATHENAの、290ccキットを装着したYZ250Fを持ち込むとのこと。森耕輔などが、同じキットを装着したYZ250Fをライドしていましたね。ここ最近は、KTMをはじめとする2ストでは300cc化や、144cc化など「あとほんの少しのトルクがほしい」というようなボアアップをおこなう人も増えてきました。
 加えて、このATHENAは今後ZERO-Gで正規代理店として取り扱っていくとのこと。今ままで正規が無かったことから、細かいパーツの取り寄せなどに不安がありましたが、もう大丈夫。290ccも純正同様の便利なパーツ供給がなされるはずですし、また取り扱われる車種も増えてくるはず。ぜひ期待しましょう!(ZERO-Gに要望が集まれば、いろいろ取り扱いも増やしてくれるそうです。ぜひ、JNCC会場のブースで要望を!)

Written by ジャンキー稲垣

日本のクロスカントリー、エンデューロを追い続けます!