鈴木健二ショートインタビュー

いよいよAAGPのレースウィークへ突入! ということで、今回は鈴木健二にショートインタビューを試みた。今回は、待望の2014 YZ250Fでの参戦となる。YZFはXCでも信頼のおけるエンジンユニット、またコンパクトなフレームで人気を博してきたが、このモデルチェンジでいよいよ長年使われたエンジンを捨て、画期的な後方排気のユニットへと進化。チャレンジングなレイアウトは、すでに450ccで実戦に散々投入してきたもので、非常に高い完成度であるという。
鈴木健二車は「サスだけテクニクスでモディファイをしました。さすがに、YZのサスでは戦えませんからね」とのこと。「エンジンは取り急ぎスタンダードで充分。実は、ビッグタンクも間に合う予定だったのが遅れてしまったため、今回は2回給油となってしまうんです」と付け加えた。
AAGPに関しては「とても楽しみなメンバーが集まりましたね! 今回の外人勢は、あのチーズナッツで走った時のライダーなわけでしょう、ものすごく速かったのを覚えています。下手すると、日本のライダーは全員ラップされてもおかしくはないです。とはいうものの、学に忠、太一と若手がいいメンバーですからね。若者に期待したいですね! 忠は特に近くで見てますけど、毎日会社の庭で走り回っているし、こないだなんてチビテクランドで手にマメができるほど走り込んでいるんですよ」と話してくれた。

Written by ジャンキー稲垣

日本のクロスカントリー、エンデューロを追い続けます!

コメントを残す